04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | top↑
2011年3月11日(金)14時46分
3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震におきまして

犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに

被害にあわれた皆様、ご家族の皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。


安否不明の方々の早期救出、負傷された方々のご回復とともに

一日も早い被災地の復旧がなされますよう、お祈り申し上げます。


******************************



3月11日のことを残しておこう。

決して忘れてはいけないこの大震災。

私自身も書き出しておかないと前へ進めない気がして・・・


長くなりますので閉じます。

お時間があってご興味のある方だけどうぞ~

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


私は息子とお友達親子と4人でお台場へ遊びに行っておりました。

お台場は家から結構離れた場所にあり私達にとっては

かなりの遠出。プチ日帰り旅行気分でした。

お昼をママトコで食べて、フジテレビ本社屋へ遊びに行きました。

観光気分で番組セットなどを見学。

その後フジテレビを出てベビーカーに息子を乗せて

地上を歩いている時になんだかめまいがするなぁと

思っていたら、地面からゴーーーーという

とてつもない音とともに激しく揺れだしたのです。

自分では何が起こったか理解できませんでした。

お友達が『地震!』と叫んだのでやっと理解。

ただ事ではないと思いました。

周りを見渡すと真横に20何階立ての高層ビル。

左右に大きく揺れていて倒壊すると本気で思いました。

ガラスも降ってくるかも!と思いとっさにビルから離れました。

お台場は埋立地なのでスッゴイ横揺れと縦揺れ交じりに揺れてました。

まるで大荒れの海の中、船に乗ってるような感じ。

そしてあちらこちらからガシャン、ドシーンと響きわたりました。

工事現場の足場が見る見る崩れていくのです・・・

そしてまた違う場所からは黒煙が上がり始め火災が起きていました。



私達は揺れがおさまるまでじっとしてました。というか動けなかった!

ベビーカーに乗ったままの息子は揺れがおさまってから私のおびえた声に

泣き始めました。。。

地震の時抱っこしてあげてればよかった(><)と後悔。



そして家族に自分達が無事であることと、家族の無事を確認

しようと携帯を使おうとした時にはすでに使えない状態。


余震も必ず来ると思っていたけど、子供たちをひとまず安心させて

あげたかったので近くの喫茶店に入りました。

するとしばらくしてやはり余震がきたのです(><)

それもまた大きな揺れで、息子を抱えて思わずお店から

飛び出しちゃいました。

そしてお店も閉店しなくてはならないと追い出されたのですが

お友達の機転で、「このままだと他のお店も閉まっちゃうから

子供達の食料と水だけでも確保しにコンビニに行こう!」と。

まさにビンゴでした。コンビニはもうすでに品薄でしたが

バナナやヨーグルトや食パン、水、オムツ(ちょうどLパンツ!)が

残っていて丁度子供達にはもってこいのものでした。

そして私達がお会計が終わると同時にそのコンビニもいったん閉店します、と。

ギリギリでした!お友達の的確な判断により子供達の空腹はしのげそうです。


そして電車も全線止まっていて復旧の見込みがないとのこと。

たまたま遠出した日に限ってこんなことになるとは・・・・。

今日は帰れないな、とうっすら思い始めました。

私達大人だけだったらいいけどまだこんな小さな子供がいるのに・・・

いったいどうなるの?

こんな思いで胸が張り裂けそうでした。。。

そしてビルのないお台場海浜公園(海辺)に行くとなんとも

時間がゆっくりしてて、子供達を歩かせてあげました。

でもそれもわずかな時間。すぐに津波警報が出たので避難してくださいと。

行き場を失った私達。

まるで迷子の子猫ちゃんのように交番へ。

なぜかこういう時おまわりさんが近くにいると安心するんだよね!

お話を聞くと特にお台場を通ってるゆりかもめ(モノレール)は

動かないと思った方がいい。

レインボーブリッジもEVが故障して徒歩では渡れない。

お台場を出るには大回りして行くと築地に出る道があるとのこと。

歩いてだいたい2、3時間


え??今何て??




ため息しか出てきません。。。

バスはかろうじて動いてるけど混雑のうえに交通渋滞でまったく進まない状態。

歩くしかなかった。。。

しかもこの日は地震後はお日様が隠れてしまって海風が冷たくてとっても寒い。

帰りもそんなに遅くならないと思って息子も私も真冬並みの格好はして

こなかった。出る直前にひざ掛け荷物になるからもってくるか迷った

けど持ってきて本当に良かったー!!

息子も普通ではない状況がわかったのかおとなしくベビーカーに乗ってくれて

私達は歩きだしました。

歩いて 歩いて 歩いて 歩いて 歩いて 歩いて 歩いて 歩いて・・・

でもお友達とお話しながらだからか、不謹慎だけど楽しかったしあっという間

だったように感じました。

築地に着いた時にはもうすでに辺りは真っ暗になってました。

ベビーカーを押しながら歩いたので4時間くらいかかってた(笑)


そして子供達の夕飯の時間になったのでせめて温かい場所で

ご飯を食べさせてあげたくて、探したらファミレスが!!!

ガスが止まっているので料理の提供ができないのでドリンクバーのみ

とのことでした。大人はもちろんそれで十分!子供達に持参したご飯を

食べさせてあげたい旨を伝えると店長さんが快くOKしてくださいました!

こういうときは助け合いですよね!!本当に感謝しました!!

子供達には先ほど買った食パンやヨーグルトを食べさせて、ひと安心。

取り合えず温かい場所にいられるだけで幸せでした。

でもその幸せも長くは続かなく、急遽閉店の指示が上から出されたと。

わずかな休憩だったけどしかたなくそのファミレスを出ました。

すると今まで繋がらなかった携帯に着信が!!

私の母親でした。

東京から電話をかけようとするのは繋がらないけど東京外から電話する

のには何10回のうちの1回で繋がるようでした!!

母が仲介して家族みんなの無事を確認することができました。



それからとにかく子供達を温かい場所へ連れて行きたかった。

築地は私のテリトリー内だったので銀座まであとちょっと歩けば

地下道があることを思い出し、また歩くことに。

地下道に入るには階段。だけどこんな状況の中でもべビーカーを運ぶのを

手伝ってくれる方がいて涙が出るほど嬉しかったです(><)


やっぱり地下道は暖かい!地下道を歩いていると息子達も眠て

くれたので私達もいったん腰を下ろすことに。。。

地べたに座ったの、いつ以来だろう・・・(笑)

高校生以来かな(笑)



お友達も公衆電話を使って家族の無事を確認できたようでひと安心。

この先どうするか、どこを目的地とするか話合いました。

私が以前働いていた場所は24時間常駐管理だし、控え室には

畳もあるし暖房もある。連絡して快くOKしてくれたのでいざ新宿へ。

動き始めた丸の内線は意外に空いててベビーカーでも余裕で乗れました。


そこに着いた頃には夜中の12時近く。子供達はお目めパッチリ

起きてしまいました。夜中だっていうのに2人で遊んでいました(笑)

でもその笑顔にかなり癒された!


息子はなれない場所のためか1時間泣きっぱなし。。。

お友達の子、息子と同じ年の子ですが耳をふさいでた(笑)

うるさくしちゃってゴメンね~。。。

子供達が眠りについたのは夜中の3時でした。

私達も横になったけどやはりあんまり眠れず。でも横になれるだけ

いい方だよね。帰宅難民は山ほどいたんだもん。みんなどうしたのかな・・・


朝になっても電車は動いておらず、やっと午前10時過ぎに動きだし

私達は帰ることに。

私たちの行動は正解だったよね!と励ましあいながら過ごしたお友達と

別行動になるのはなんとも心細いけど、お友達がいたからこの帰宅難民も

乗り越えられた!!

お友達本当にありがとう、そして泊らせてくれた前職場ありがとう

階段でベビーカー持ってくれた方々ありがとう

築地のファミレスの方々ありがとう

お台場のおまわりさんありがとう

いろんな人たちの助言があったからこそ乗り越えられた!!



家に帰るといろんな物が倒れてるんだろうな・・・と覚悟していたのですが

見るからに不安定な花瓶すらも倒れていなかった我が家。

大工さんに頑丈なお家を建ててもらえたことに感謝しつつ

地震の時は家にいたい!!と切に思ったのでした。。。。


その後テレビですさまじい、現実とは思いたくない事実を知りました。




大震災から3週間がたとうとしてます。

私はこの日を決して忘れません。

そしてこの震災によって犠牲になられた方々のぶんまで生きなきゃです!!



長い文章読んでいただきありがとうございました!!




スポンサーサイト
日記 | | top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。